見た目の変化・整形

【画像】池脇千鶴が老けて顔変わったと話題!病気やアドレノクロム説?役作りで作戦?

池脇千鶴 老けた 太った 顔変わった 病気 アドレノクロム 役作り

演技は女優として知られる池脇千鶴さん。

最近はテレビではなく舞台や映画を中心に活動していましたが、久々にテレビに出演したところ、その外見の変化に注目が集まっています。

池脇千鶴が老けて劣化した?顔変わった?

囁かれる病気やアドレノクロムとは?など調査しました。

池脇千鶴が老けた?顔変わったと話題

2021年1月6日の「クイズ・ドレミファドン」に出演した池脇千鶴さん。

久々に登場したそのルックスに注目が集まりました。

その画像がこちら

池脇千鶴 老けた 顔変わった 劣化

池脇千鶴 老けた 顔変わった 劣化

目の下にクマがクッキリはいっていてちょっと心配になるくらいです。

池脇千鶴さんの年齢は現在39歳ですから老けていても当然ですが、若い頃と比べるとその差に驚いた方も多かったようで、ツイッターでは「池脇千鶴」がトレンド入りし、心配の声があがっていました。

「太ったのでは?」という声もありましたが、どちらかというと「むくんでいる」と言った印象ですね。

「おばちゃんになった」「老けた」という声も多い中、

・芸能人といえどもふつうの人間なのだから老けて当たり前

・新型コロナで自粛していたからでは?

など、擁護する声も多く聞かれました。

芸能人といえども人間ですからね・・・。

誰しも年齢は重ねていくものですから多少老けても不思議はありません。

しかし、多くの女優さんは若く見せるためにシミやシワを隠す方が多い中、ほとんど隠そうとしない池脇さんに対し、驚きの声が上がったようです。

さらにこんな説まで飛び出しました。

池脇千鶴が老けて顔が変わりすぎて病気やアドレノクロム説も

病気説

池脇千鶴さんのあまりの顔の変化に、「病気なのでは?」という声も。

目の下のクマがあまりにもひどいため、病気で薬を飲んだ副作用なのでは?と心配している人もいたようです。

さらにはこんな説も・・・

アドレノクロム?

この方が言っている「アド切れ」のアドとは「アドレノクロム」のこと。

「アドレノクロム」とは都市伝説の一種で、ハリウッドの有名俳優などが若さを保つために子供の体からアドレナリンの酸化化合物であるアドレノクロムを採取しているというもの。

それを摂取するのをやめると目のまわりにクマのような症状が出るとされていることから「アド切れでは?」などと推測する人が現れたようです。

もちろんどちらも単なる推測ですし、病気やアドレノクロムと断定することはできません。

芸能人の外見に変化があると、どうしてもこんな噂が出てしまいがちですからね。

池脇千鶴が老けて顔が変わったのは役作り?

池脇千鶴さんは、2021年1月9日スタートの「その女、ジルバ」で、40歳の新米ホステスと伝説のママの2役を演じています。

池脇千鶴 老けた 顔変わった 役作り
(https://www.oricon.co.jp/news/2177429/photo/1/)

艶やかなダンスシーンを披露するため、撮影の合間を縫って猛特訓するなど、役作りに真剣に臨んでいる池脇千鶴さんは、元々憑依型の女優といわれています。

私生活から役作りをしてかなりのめり込むタイプのため、今回も熟女役を演じるために、太って浮腫ませているのでは?という説が濃厚です。

役作りでこれだけ話題になれば、番組の宣伝としては大成功でしょう。

ある意味この老け顔で番組に出たのは、池脇千鶴さんの作戦だったのかもしれません。

今後の池脇千鶴さんからも目が離せませんね。

-見た目の変化・整形

Copyright© D-media , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.