ニュース

【1分でわかる】9月入学のメリットデメリット!学年はどうなる?世間の反応も

【1分でわかる】9月入学のメリットデメリット!学年はどうなる?世間の反応も

新型コロナウイルス感染拡大による休校長期化を受け、学校の「9月入学」に向けて、政府が具体的に検討を始めた、というニュースが入っています。

9月入学になることによるメリットやデメリット

学年はどうなる?世間の反応は?などをわかりやすくまとめます。

9月入学のメリットは?

9月入学のメリットをわかりやすく

政府が掲げているメリットは大きく2つです。

①3月から続いている臨時休校による学力格差を払拭できる。

 

②欧米や中国では9月留学が主流のため、留学生の往来がスムーズになる

[say img="https://decopachi.com/wp-content/uploads/2020/04/18d34b2fd28e52940e4a8817386df8ec.png" name=""]①はまだわかるとして、

コロナウイルスの影響で国内外の行き来がこれだけストップしている中で、

圧倒的割合の少ない留学生へのメリットを考えるのは優先度が低い気が・・・ [/say]

そのほかのメリットとして

・授業のオンライン化に向けた準備の時間が取れる

 

・運動会や修学旅行など、中止になった行事を取り戻せる可能性がある。

 

就職活動や入学試験を先延ばしできる

 

入学試験の時期が真冬ではなくなるため、大雪やインフルエンザの影響を受けない

などが挙げられています。

メリットによっては、コロナウイルスが9月になっても収束しなかった場合、メリットではなくなりますね。

9月入学のデメリットは?

9月入学のデメリットをわかりやすく

・通常数年かかる大プロジェクトを数ヶ月で行うことによる教育現場に大混乱が起こる

 

・現場の先生方が対応に追われることで、子供たちがさらに置き去りになる可能性がある。

 

・学校に行けない期間がさらに長くなることで、家庭の負担が増える

 

就職時期も変更になるため、企業側も採用制度の変更など、負担が増える

 

学年分けが変わることによる混乱がおこる。

 

・入学が桜のシーズンではなくなる。

[say img="https://decopachi.com/wp-content/uploads/2020/04/18d34b2fd28e52940e4a8817386df8ec.png" name=""] ただ日付を変えればいいでしょ、では済まない、大きな負担が各方面に及ぶことは明らかですね[/say]

9月入学の学年はどうなる?

9月入学 メリットデメリットわかりやすく 学年はどうなる

複雑な問題の一つが「学年分け」です。

4月入学の場合、4月2日〜翌年4月1日生まれまでが1つの学年でした。

もし9月入学になった場合、9月2日〜翌年9月1日生まれまでが1つの学年、となるとすると、

4月2日〜9月1日までに生まれた子はどちらの学年になるの?このまま?それともひとつ下の学年になる?

 

来年入学、進級するはずだった翌4月〜8月生まれの子が急遽入学、進級するの?しないとしたら来年はどの学年になる?

など、様々な混乱が生じます。

学年分けは入試や就職にも影響する問題なので、国民が納得できる形で慎重に検討して欲しいものです。

9月入学 世間の声は?

賛否両論いろいろあるのは当然ですが、この短期間でこれほど大掛かりな案件を進めるべきなのか?というのが反対派の圧倒的な意見のようです。

また、中高生の受験生の意見も、当事者として切実です。

どんな結論が出るにせよ、子供たちにとって最善の方法を選ばれることを、切に願っています。

-ニュース

Copyright© D-media , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.