※本サイトはプロモーションが含まれています

アスリート

高橋彰太が亡くなったのはいつ?病名や中学、高校も【法政大】

法政大学駅伝部エース候補としてその活躍が期待されていた高橋彰太選手。

惜しまれつつも病気のため19歳の若さで亡くなっています。

いったい高橋彰太さんの死因はなんだったのか?

病気はいつから?など詳しく調査しました。

法政大学・高橋彰太の中学、高校、成績は?

2003年生まれで20歳を迎える前の19歳でこの世を去った高橋彰太さん。

宮城県でも駅伝が強くて有名な古川東中学校を卒業後、同じく駅伝の強豪校である東北高校を卒業しています。

法政大学 高橋彰太 中学 高校

高校時代には全国高校総体陸上1500m10位に入賞するなどの活躍をしていた高橋彰太さん。

法政大学に入学後は関東学生対校選手権に2年連続で出場するなど、今後の活躍が期待されていました。

法政大学駅伝部の坪田監督も2022年のインタビューで新入生について聞かれた際、

高橋彰太 死因 いつ亡くなった 中学 高校

それ以外にも、インターハイ1500mの決勝まで行った高橋(彰太)ですね。彼も非常に力がありますし、

と高橋彰太さんの実力を認めていました。

2023年には2年生となり、今後の活躍が期待される最中の訃報に、監督も胸を痛めていたことでしょう。

法政大学・高橋彰太の病気はいつから?病名は?

そんな高橋彰太さんですが、2023年8月の始めに帰省していた際、「足のむくみがひどく、すぐに入院をした方がいい」と言われて入院したのだとか。

法政大学 高橋彰太 死因 病気 いつから

駅伝選手の肝である足に異常が起こり、慌てて病院にかけつけたのでしょう。

坪田監督が高橋彰太さんと電話で話した際、

・腎機能が低下する病気と診断された

・投薬で2、3週間は様子を見る

と語っていたといいます。

高橋彰太さんとしても帰省してゆっくりしていたらいきなり入院となり、驚いたのではないでしょうか。

法政大学・高橋彰太の死因は?亡くなったのはいつ?

読売新聞によると、高橋彰太さんは坪田監督と電話をした約10日後に亡くなったといいます。

亡くなった日は明らかになっていませんが、2023年8月半ば頃でしょう。

高橋彰太さんの容体は回復していたものの、血栓ができて容体が急変したといいます。

腎機能が低下すると、老廃物や不用物のろ過・排泄が十分にできなくなってしまう、ということなので、血管内に老廃物の血栓ができ、血管が詰まってしまったのでしょうか。

腎機能の低下の原因は糖尿病や高血圧の場合が多いようですが、高橋彰太さんの腎機能低下の原因は不明です。

まさかご自身も19歳という若さでこの世を去ることになるとは、ご自身もご家族も無念なことでしょう。

2024年の箱根駅伝では法政大学の選手全員が喪章をつけ、運営管理車には高橋彰太さんのシューズやウェアを載せて走る予定だとのこと。

高橋彰太さんは天国で選手の皆さんの活躍を応援していることでしょう。

スポンサーリンク

-アスリート

Copyright© D-media , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.