家族

【画像】二階俊博の嫁・怜子夫人が臓器移植?病気や死因、中国との関係とは?

様々な失言や不祥事で話題に上ることの多い二階俊博議員。

奥さんの怜子さんの病気や死因についても様々な憶測が流れています。

臓器移植の噂や中国との関係など、詳しく調べていきましょう。

二階俊博の嫁・怜子夫人との馴れ初めは?

二階俊博 嫁 怜子
WBS)

二階俊博さんと怜子さんは、なんと小中高校の同級生だったのだとか。

父親同士も友人だったことから幼い頃から一緒に遊んでいた二階俊博さんと奥さん。

和歌山県出身の怜子さんが大学進学で上京した際に、二階俊博さんが都内を案内をしたことがきっかけで距離が縮まり、東京・神保町の古本屋でデートを重ねていたそうです。

その後、東京都国立市の4畳半・風呂なしアパートで結婚生活を送っていたのだとか。

小学校の時からの同級生と結ばれるなんて、ロマンチックですね。

二階俊博の妻・怜子夫人の病気や死因は?

二階俊博さんの良き妻であり、1番のファンだったという怜子夫人ですが、平成16年に肺がんを発症

手術や抗がん剤治療を受けながら闘病生活を送っていたものの、2018年12月、77歳で亡くなっています。

死因は明確には報じられていませんが、闘病していた「がん」が原因でしょう。

二階俊博 嫁 怜子
WBS)

2019年2月23日には「偲ぶ会」が和歌山県御坊市文化会館で行われ、菅義偉、岸田文雄、小泉進次郎、王貞治、杉良太郎(敬称略)など、各界の著名人が駆けつけました。

奥様の人柄と、二階俊博さんの権力の大きさが伺われる盛大な会ですね。

二階俊博の嫁・怜子夫人の臓器移植とは?

二階俊博さんの妻について調べると「臓器移植」というキーワードが出てきます。

一体どういうことなのでしょうか?

その情報元は、雑誌サピオ2006年10月の以下の記事とされています。

西日本選出で、大臣経験もある自民党の大物議員の妻が昨年、末期の肝臓ガンを患った。

ある中国人男性は議員会館を訪ね、中国の病院で肝臓移植を受けるよう勧めた。男性の斡旋で中国軍の病院で無事に手術を終え、議員の妻は回復した。

あの先生は、奥さんのことで中国に頭が上がらなくなったとささやかれている」(大紀元

・運輸大臣や経済産業大臣など、大臣経験あり

・和歌山県選出(西日本)

・妻・怜子さんがガンを発症した時期(2004年)とほぼ同時期

などの理由から、「あの先生」とは二階俊博氏ではないか?と言われています。

通常の肝臓移植は、世界最大の移植大国であるアメリカでさえ、ドナーを見つけるまでに2年以上かかると言われており、そう簡単に手術を受けることはできません。

しかし、中国では1週間から4週間で適合する臓器が見つかるとされており、国家ぐるみの臓器狩りが行われているのでは?と言われています。

二階俊博 嫁 臓器移植

そういう疑惑のある中国で妻の臓器移植を行ったことで、弱みを握られ、中国に懐柔されているのでは?とささやかれているのです。

こちらの情報について、確かな根拠などは見つかっていませんが、2004年のガン発症から亡くなるまで14年間生存していたことなどから、疑惑が強まっているようです。

二階俊博 親中派

北京オリンピックを支援する議員の会にも所属するなど、親中派として知られている二階俊博さん。

中国の精華大学から「名誉教授」の称号も授与されています。

時に「中国の犬」と揶揄されていますが、今後の中国との国交にどんな影響をもたらすのか?

注目したいと思います。

あわせて読みたい

二階俊博 子供 息子 大学 学歴
【顔画像】二階俊博の子供は息子3人で学歴や大学、年齢は?長男は選挙に落選で次男に黒い噂!

  自民党幹事長で、政界のドンとして知られている二階俊博さん。 お子さんは3人の息子さんがいますが、後継者などは考えているのでしょうか? 二階俊博さんの3人の息子の年齢や学歴、大学や選挙戦出 ...

続きを見る

-家族

Copyright© D-media , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.