中川親方のパワハラの真相や音声録音の内容は?暴力行為がヤバすぎ!

中川親方のパワハラ音声内容

大相撲の中川親方が弟子に行き過ぎた指導をしていたとして、日本相撲協会が懲戒処分を検討していることが明らかになりました。

不適切な指導と言われるパワハラの内容はどんなものなのか?

録音された音声とは?詳細をまとめます。

→中川部屋で断髪式・引退した力士の名前は誰?9人の受け入れ先・移籍先も気になる!

中川親方が弟子にパワハラの疑い

大相撲中川部屋の中川親方の弟子への不適切な指導により、日本相撲協会が「引退勧告」以上の「懲戒処分」を検討していることがわかりました。

これにより、中川部屋は閉鎖される見通しとなっています。

中川部屋があった住所はこちら

中川親方パワハラ暴力行為や音声録音の内容は?

中川親方の懲戒処分の理由は「弟子へのパワハラ」が原因と言われていますが、引退勧告より重い処分を受けるほどの内容とはどのようなものだったのでしょうか?

中川親方 パワハラ指導 音声内容
(スポニチ)

中川親方は、弟子に対して

・「ぼんくら」「殺すぞ」「クビにするぞ」「本当にうざいんだよ」など、人格を否定する暴言

 

・弟子Aに対してちゃんこをこぼさず運ぶよう注意した際に顔面を右の拳で1回殴打

 

・弟子Bの仕事の不手際に立腹して背中を一回蹴り、顔面を左の平手で一回殴打

 

・Bの居眠りに腹を立て、正座をさせながら説教。腹を3回蹴り、胸を拳で2回殴打

 

・弟子Cに対し「浴衣の帯の結び方が汚い」といって左こめかみを拳で一回殴打

などの暴言、暴力行為を行っていたようです。

殴打した回数や弟子の名前が特定されているということは、これらの内容が録音されていた可能性が高いでしょう。

中川親方 録音内容
※イメージ

被害にあっていたのは1人だけでなく、数人にのぼっていたのですね。

中川親方は指導のつもりだったかもしれませんが、これは明らかにパワハラであり、暴力事件です。

中川親方への甘い処分に批判

角界では、2017年に元横綱日馬富士による暴力事件が起きて以来、元貴ノ富士など、現役力士の暴力事案が相次いでいました。

それにより再発防止のため、2018年に「暴力決別宣言」を策定し、親方が暴力をふるった場合は、現役力士よりも重い処分を検討する、と表明していたにもかかわらず、当初噂されていた「懲戒処分」よりも甘い「降格処分」が言い渡されました。

中川親方 画像
(朝日新聞)

相撲協会の懲戒は、重い順から

懲戒解雇、退職勧告、降格、業務停止、出場停止、報酬減額、けん責、の7段階となっています。

一般企業だったら懲戒解雇や退職勧告が下されてもおかしくないパワハラ行為にもかかわらず、口角だけで済ませる甘すぎる処分に対し、相撲協会全体への批判が高まっています。

夢を諦めて引退する力士が出るほどのパワハラ行為にもかかわらず、親方は降格だけで済まされてしまうとは・・・。

闇が深そうです。

中川親方のパワハラの真相や音声録音の内容は?暴力行為がヤバすぎ!?まとめ

中川親方のパワハラの真相や音声の内容をまとめました。

ローランドさんは、自身のホストクラブが閉店しても、ご自身の会社でホストたちを受け入れることを表明されていましたが、中川部屋の9人の力士の方々が、移籍先でも力を発揮できることを祈ります。

→ローランドのホストクラブ以外の事業とは?脱毛サロンやタピオカ店、美容品販売も!株式会社ROLAND GROUP HD

あわせて読みたい

→中川部屋で断髪式・引退した力士は旭勇幸?9人の受け入れ先・移籍先一覧!