学校・学歴

ジェーン・スーの本名は森本薫?国籍は日本人で学歴や経歴は?

TBSラジオ「生活は踊る」のパーソナリティや、コラムニストとして活躍しているジェーン・スーさん。

そのお名前からハーフかと思いきや、れっきとした日本人なんです。

気になる本名はなんという名前なのか?

学歴や経歴など、詳しく調査しました。

ジェーン・スーの本名は森本薫?国籍は日本で由来は?

ジェーン・スーさんは1973年5月10日生まれの47歳。

「ジェーン・スー」という名前とよく使われているこちらのプロフィールから、ハーフかアジア系の外国人の方か?と思われがちですが、東京都文京区生まれの生粋の日本人です。

ジェーン・スー 本名 森本薫 

名前の由来は?

ジェーン・スーさんが若い頃、外国人割引が適用されるホテルに宿泊するために、とっさに思いついた偽名が「ジェーン・スー」で、そのままその名前を芸名にするようになったのだとか。

ジェーンスー 本名
(https://dot.asahi.com/wa/2019100300098.html)

ちなみになぜ「ジェーン・スー」かというと、アメリカ留学時代のルームメイトの「ジェーン・ウェルチ」さんから引用したとのこと。

以前はこのエピソードを面白おかしく話していましたが、ホテルに偽名で宿泊することは「旅館業法違反」であることから、最近ではあまり触れられたくないようです。

若気の至りでもう時効では?とも思いますが、コンプライアンスにうるさい視聴者の方もいるのでしょう。

本名は森本薫?

ジェーン・スーさんの本名は非公開ですが、ネット上では「森本薫」説が流れています。

その根拠は、2015年2月21日に「生活は踊る」にゲスト出演したライムスター宇多丸さんが、

どっちタイプ?森本さんは?

ジェーン・スー 本名 宇多丸
(https://www.bookbang.jp/review/article/530494)

とポロっと聞いてしまったことが発端となっています。

ライムスター宇多丸さんは、ジェーン・スーさんが大学時代所属していた早稲田大学の「ソウルミュージック研究会Galaxy」の先輩のため、本名を知っているのです。

当日のツイッター上では

#utamaru 師匠が、森本さんって言ってるし

本名だめよー #utamaru

など、ちょっとした騒ぎになっていました。

下の名前の「薫」についての根拠は見つかっていませんが、以前ジェーン・スーさんがラジオで

本名と同じ名前の有名人がいて、ググってもその人の名前が先に出てくるから(私には辿りつかないから)大丈夫

というような発言が大きなヒントになりそう。

確かに「森本薫」で調べると、「女の一生」などを書いた日本の劇作家の森本薫さんが一番に出てきます。

森本薫

ということで、確定までは至っていませんが、ジェーン・スーさんの本名は「森本薫」さんの可能性が高そうですね。

田之上美智?

2016年12月12日に「東京ポッド許可局」内で「ジェーン・スーの本名JAPAN」というリスナーからジェーン・スーさんの本名を募集する企画を行ったことがありました。

そこで

・須藤純子

・田所雅子

・白鳥美恵子など、いろいろな名前が挙がる中で、最終的に「田之上美智」に決定。

「森本薫」とは一ミリもカスっていない名前ですね(笑)。

ジェーン・スーの学歴や経歴は?

学歴は?

ラジオ人生において一番偏差値が高かった、という国立の幼稚園に抽選で入園したと言っていたジェーン・スーさん。

国立幼稚園といえば、

・お茶の水女子大学附属幼稚園

・東京学芸大学附属幼稚園竹早園舎

の2つがありますが、

小学校が東京学芸大学附属幼稚園竹早小学校

だとツイッターで明らかにしていたので、幼稚園も東京学芸大学附属の確率が高いでしょう。

ジェーンスー 東京学芸大学附属幼稚園

東京学芸大学附属幼稚園竹早園舎といえば、2020年の倍率が14倍の人気の幼稚園です。

その幼稚園に抽選で入園できたとは、すごい幸運でしたね!

そのまま東京学芸大学附属中学校に進学したジェーン・スーさんは、カトリック系の女子校を卒業後、フェリス女学院大学文学部に入学しています。

フェリス女学院大学

フェリス女学院大学といえば、お嬢様大学としても知られていますね。

フェリス女学院時代のジェーン・スーさんは、1年間アメリカミネソタ州の大学に留学していました。

その時のルームメイトが、ジェーン・スーという芸名の由来となった「ジェーン・ウェルチ」さんだったのですね。

ある意味運命的な?留学です。

経歴は?

大学卒業後、ソニー・ミュージックレーベルズ エピックソニーに入社したジェーン・スーさん。

当時大人気だった「センチメンタル・バス」や葛谷葉子さんなどの宣伝を担当していたそうです。

センチメンタル・バス、ポカリスエットのCMで流れる曲が印象的でしたね。


こちらが当時のジェーン・スーさん。

ジェーン・スー 経歴
(https://doors.nikkei.com/atcl/wol/column/15/011900049/101800047/)

スッキリとした美人さんです。

その後、28歳の時に知人の紹介で同業他社のユニバーサルミュージックに転職し、日本人アーティストを海外デビューさせるプロジェクトなどを担当し、3年間勤務。

ユニバーサルミュージックを退職した後、同棲していた男性との結婚も意識していたジェーン・スーさんですが、結局その男性とは破局

半年間ほど休んだ後メガネ会社に転職し、商品企画から販売戦略まで担当していましたが、「またちょっと違うことをやろうかな」と35歳の時に退職しています。

ここまでの経歴をみると、ラジオパーソナリティやコラムニストといった職種とは無縁に見えますが・・・。

ジェーン・スー 経歴

メガネ会社を退職してから2ヶ月後に、ソニーミュージック時代の同僚の玉井健二さんが立ち上げた音楽プロデュース会社「アゲハスプリングス」のサポートを始めたジェーン・スーさん。

そこで社長の玉井健二さんから「君ならできる」と言われ、作詞にもチャレンジしたのだとか。

調べてみると、

でんぱ組.incの「惑星★聖歌 ~Planet Anthem~」を始め、6曲もリリースされていました。

本当に多才な方ですね!

でんぱ組.incといえば、この方の奥様についてはこちら

バカリズム 嫁 結婚相手 夢眠ねむ 本名 年齢 馴れ初め 身長差 学歴 実家 現在 経歴
【画像】バカリズムの嫁は夢眠ねむで年齢は?本名は田口あすかで馴れ初めや名前の由来は?現在は何してる?

2019年12月24日にアクドルグループでんぱ組.incの元メンバー、夢眠ねむさんと結婚したバカリズムさん。 ご本人もさることながら、奥さんの夢眠(ゆめみ)ねむさんの正体も謎に包まれています。 バカリ ...

続きを見る

その後、mixiで書いていた日記が「GINGER」編集者の目に留まったのがきっかけでコラムニストデビューしたジェーン・スーさん。

さらに、以前から友人だった音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんが2011年に新番組を立ち上げた際にコーナーゲストとして出演したジェーン・スーさんが番組プロデューサーの目に留まり、ラジオ出演のチャンスも増えていったのだとか。

今では毎週月曜日から木曜日の11時〜13時までの2時間のレギュラー番組「生活は踊る」の他、様々な雑誌でコラムの執筆や書籍も多数出版するなど、大活躍のジェーン・スーさん。

今後のさらなる活躍が楽しみです。

-学校・学歴

Copyright© D-media , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.