都知事選

【後藤輝樹】政見放送の費用がヤバイ!選挙管理委員がブチ切れ!

後藤輝樹の政見放送費用

政見放送がヤバイ!と話題の後藤輝樹さんですが、政見放送の費用もヤバイことになっているようです。

後藤輝樹の政見放送の費用とは?選挙管理委員がブチ切れ?などをまとめます。

後藤輝樹の政見放送がヤバイ

都知事選2020の政見放送が話題になっている後藤輝樹氏ですが、ことの発端は2016年の政見放送でした。

こちらは2020年の政見放送

こちらが2016年「ポコ○ン」を連呼してNHKでは「ピー」でカットされた政見放送のノーカット版。

この政見放送の裏には、やはりドタバタがあったようなのです。

後藤輝樹の政見放送に選挙管理委員がブチ切れ!

後藤輝樹 ポスター

2016年の「ポコチ○」連発の政見放送を撮影した時、同席していた選挙管理委員の方が「こんなもの放送できない!」と激怒したそうです。

後藤輝樹さんは

「大人しい人が静かに切れていてものすごく怖かった」

と言っていました。

「では、立候補をやめたらどうなるのか?」と聞くと、

「立候補をやめた場合、政見放送の撮影費用を支払ってもらう」

と言われたとか。

その金額があまりにも高かったので、一度は出馬をやめようか迷ったけれども、出馬することにした。

と語っています。

その結果、NHKでは異例の「ピー」を入れての放送となったのでした。

では政見放送を撮影後に出馬をやめると、いくらかかるのでしょうか?

後藤輝樹が語った政見放送の費用はいくら?

後藤輝樹さんはYouTube

後藤輝樹 政見放送 費用
YouTube

もし政見放送を撮影後に出馬をやめた場合

NHK政見放送手話付き50万5,000円
NHK政見放送手話無し44万1,000円
NHK経歴放送 3万3,000円
民放政見放送 41万9,000円
ラジオ 9,000円

が請求される、と言っていました。

意外と真面目な後藤輝樹さんは、総務省に電話をして確認したそうです。

政見放送費用も税金から支払われているので当然と言えば当然ですね。

ということは、手話通訳付きのNHK政見放送を撮影後に出馬をやめた七海ひろこ氏は50万5,000円が請求されたのでしょうか?

【後藤輝樹】政見放送の費用がヤバイ!選挙管理委員がブチ切れ!まとめ

話題にこと書かない後藤輝樹氏と2020年東京都知事選挙。

都民は一体誰に次の東京を任せるのでしょうか?

動向に注目したいと思います。

あわせて読みたい

→後藤輝樹の結婚歴や嫁、彼女は?職業や年収、収入源は?整形疑惑や過去の供託金も気になる!

→後藤輝樹は何者で経歴は?歴代ポスターがヤバイ!学歴、プロフや公約も!

→西本誠は逮捕歴ありで父親はヤクザ?子供や嫁、学歴、公約、刺青が気になる!

-都知事選

Copyright© D-media , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.