便利家電、調理器具

Android (アンドロイド)kindle トークバック(読み上げ)のやり方 おすすめイヤホン

Android (アンドロイド)kindle トークバック(読み上げ)のやり方 おすすめイヤホン

この方法を知って、人生が変わったと言っても過言ではない「kindleのトークバック(読み上げ)機能」。

本の内容を、スマホが音声で読み上げてくれることで、手と目を使わずに読書ができるようになり、移動中や家事の合間も、有意義な勉強タイムに変わりました。

今や私にとって、なくてはならない存在になった、スマホの読み上げ機能。

でも、iPhoneからAndroidに乗り換えてみて、やり方の違いに大いに戸惑いました。

そこで今回は、Androidでのkindle読み上げ機能のやり方について、詳しくご紹介します。

iPhoneのkindle読み上げ機能のやり方はこちら↓
[card id="632"]

Android(アンドロイド) kindle トークバック(読み上げ)機能とは

Androidkindle読み上げ

文字通り、kindle本をスマホが読み上げてくれる機能です。

手と目を使わないので、

・通勤などの移動中
・掃除、食事の支度など家事をしながら

など、スキマ時間でも本が読めるため、忙しいビジネスマンやママにこそ知っておきたい機能の一つです。

Android(アンドロイド) kindle トークバック(読み上げ)機能 やり方

Androidでkindleの読み上げ機能を使う際は、「TalkBack(トークバック)※以下トークバック」を使います。

「トークバック」とは、目の不自由な方や視力の弱い方向けのツールで、画面を見なくても操作できるツールです。

通常は、一度タップしただけで画面を操作ができますが、「トークバック」をONにすると、全ての選択項目が読み上げられ、誤タップを防ぐため、2度タップしないと画面操作ができません

[say img="https://decopachi.com/wp-content/uploads/2020/04/18d34b2fd28e52940e4a8817386df8ec.png" name=""]
慣れるまで、この操作が大変でした
[/say]

kindleの読み上げ機能を使うとき以外は、「トークバック」をOFFにしておく必要があり、毎回この設定を切り替える必要があるのが、iPhoneよりもやや面倒な点です。

[alert title="ポイント"]このトークバックの設定が割と大変なので、簡単に操作できるように、必ず先にショートカットを設定しましょう。[/alert]

※私が使用しているのはこちらの端末です(Androidバージョン9)

 

1.トークバックのショートカット設定をする

この設定をすることで、音量ボタンの大と小を同時に長押しするだけで、トークバックのON、OFFができます

設定▶︎その他の設定

Androidkindle読み上げやり方

ユーザー補助

Androidkindle読み上げやり方

アクセシビリティショートカット

Androidkindle読み上げやり方

TalkBackにチェック

Androidkindle読み上げやり方

2.kindleアプリをインストールし、読みたい本をダウンロードして開く

kindleアプリのダウンロードはこちら

Androidkindle読みあげやり方

Androidkindle読みあげやり方

表示されている本はこちらです


▲相手にキレられた時の対処法や、適切にキレる方法が書かれていて面白いです。おすすめ!

3.トークバックをONにする

音量ボタンの大と小を同時に長押しすると、トークバックがONになります。

[memo title="ポイント"]トークバックがONになると、通常のように1度タップしただけでは操作ができません緑の枠で選択されている項目を、2度タップすると操作ができます[/memo]

4.画面を「右にスワイプ」+「ダブルタップ」します。

こんな感じ↓

Androidkindle読み上げやり方

下手な絵ですみません

この動作は慣れるまで難しいですが、右にすーっとスワイプした後、間を空けずにトントンしましょう

読み上げが1ページで終わってしまう場合

下のように緑色の枠ができている場合、1ページのみが選択されてしまっています

Androidkindle読みあげやり方

ダブルタップして緑の枠を解除し、再度「右にスワイプ」+「ダブルタップ」してください。

kindleを読むのをやめたい場合

画面をタップするか、音量ボタンの大、小を同時に長押ししてトークバックをOFFにします。

Android(アンドロイド) kindleトークバック(読み上げ)機能を満喫するには

一度kindleでの読書の便利さを知ると、なかなか紙の本に手が伸びなくなります。

とはいえ、図書館のようにレンタル機能はないので、気になるのが書籍代。

そんな時にオススメなのが、月額980円で200万冊以上の本が読み放題になる「Kindle Unlimited」です。

[say img="https://decopachi.com/wp-content/uploads/2020/04/18d34b2fd28e52940e4a8817386df8ec.png" name=""]
もちろん、全ての本が対象ではありませんが、割と新しい本屋話題の本も出ています
[/say]

ビジネス書、マンガ、雑誌など、バリエーションも豊富。

Androidkindle読み上げ

定価1500円以上の本も多数出ているので、月に1冊読めば楽々元が取れますよ!

  ▼月980円で200万冊以上の本が読み放題▼
Kindle Unlimitedの30日間無料体験に申し込む

Android(アンドロイド) kindle トークバック(読み上げ)機能 メリットとデメリット

Androidkindle読み上げメリット

Android(アンドロイド) kindle トークバック(読み上げ機能) メリット

・機械の音声がiPhoneの音声よりも自然

・目の不自由な方用のツールなので、図や表で止まらない。

[say img="https://decopachi.com/wp-content/uploads/2020/04/18d34b2fd28e52940e4a8817386df8ec.png" name=""]
iPhoneは図が入るたびに止まるのが、料理を作っている時などは結構ストレスになっていたので、この点はかなり嬉しい!
[/say]

Android(アンドロイド) kindle トークバック(読み上げ)機能 デメリット

・慣れるまで操作が難しい

・画面に触れたり通知が来るたびに止まってしまう。

[say img="https://decopachi.com/wp-content/uploads/2020/04/18d34b2fd28e52940e4a8817386df8ec.png" name=""]
慣れまるで大変ですが、1、2日で慣れます。図表で止まらずスムーズに読み上げてくれるのは本当にストレスフリー!
[/say]

だいぶスムーズとはいえ、機械音なので、やっぱり人の声がいい!という方はアマゾンオーディブルがおすすめです。

[say img="https://decopachi.com/wp-content/uploads/2020/04/18d34b2fd28e52940e4a8817386df8ec.png" name=""]
特に対話形式の「嫌われる勇気」をオーディブルで聴いたときは、その臨場感に感動しました
[/say]

今は60日間無料なので、2冊分無料ダウンロードできてかなりお得です。

合わなければすぐに解約できますし、解約後もダウンロードした本は購読できるので、「オーディブル、興味があるけどどんなものかわからない」という方は、まずは試してみて損はありません。

   ▼60日間無料で2冊本がついてくる▼
アマゾンオーディブルを無料体験する

図表などで止まらずに、スムーズに読み上げ機能を使いたい場合は、kindleに特化したこちらの端末が便利です。

\kindle以外のアプリも使えます/

Android(アンドロイド) kindle トークバックのおすすめイヤホン

経済評論家の勝間和代さんが、

「耳を塞がないので疲れないし、耳も痛くならない、そして意外と音質がいい。

ネックスピーカーよりも音漏れしにくいので電車でも使える」

ということで骨伝導イヤホンをお勧めされています。

勝間和代さんが使っているのはこちらのイヤホン

勝間さんお勧めなので、もちろん品質は良さそうなのですが、未体験の骨伝導イヤホンに2万円投資するのは勇気がいったので、3,000円台のこちらで試してみました↓

多少音漏れがするので電車で使うのは気を使うかもですが、私は自宅や近所の買い物でよく使うので、こちらで問題ありませんでした。

[say img="https://decopachi.com/wp-content/uploads/2020/04/18d34b2fd28e52940e4a8817386df8ec.png" name=""]
イヤホンは特に「合う、合わない」「音質へのこだわり」が人によって違うので、失敗しても痛くない範囲でいろいろ試してみることをお勧めします
[/say]

Android(アンドロイド) kindle トークバック(読み上げ)機能 まとめ

一度やり方を覚えてしまえば、その後の読書生活が一気に楽になるAndroid「トークバック(読み上げ)機能」

こんな便利な機能を使わない手はありません。

私はこの機能を使うようになってから、どんなに忙しくても月10冊程度は本を読むことができるようになり、日々の充実度がグッとあがりました

人生で一番リターンが確実で大切な投資は「自己投資」。

あなたの人生をより豊かにするために、耳で読書を始めてみてはいかがでしょうか。

 

   ▼60日間無料で2冊本がついてくる▼
アマゾンオーディブルを無料体験する

 ▼月980円で200万冊以上の本が読み放題▼
Kindle Unlimited30日間無料体験に申し込む

▼まんがは紙の本で読みたい方はこちら▼

1冊80円のDMMコミックレンタル!

iPhoneでの読み上げのやり方はこちら
[kanren id="632"]

-便利家電、調理器具

Copyright© D-media , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.