家系図 政治家 妻・夫 子供

甘利明の嫁は安錦子で娘は医者と研究者?家系図や父親、母親についても

甘利明 家系図 嫁 娘 医者 武田信玄 職業 年齢

2021年10月1日付けで岸田内閣の新幹事長に就任したことで、話題になっている甘利明さん。

そんな甘利明さんの娘は医者という噂があります。

甘利明さんの嫁や娘、家族構成や父親、母親について、詳しく調査しました。

甘利明の家系図は?父親と母親の年齢や職業についても

武田信玄の末裔?

先祖は武田信玄の末裔だと主張している甘利明さん。

甘利明

先祖は武田信玄の末裔です (本当)。 信玄の親戚であり、重臣 No2 甘利虎泰 (あまりとらやす) が我が先祖です (厚木市編纂民家の歴史より)。武田信玄は大小数百回の戦で生涯一度しか敗れておりません。その強さの秘密は武田二十四将の騎馬軍団です。一将百五十~二百騎を率いる機動部隊で、中でも甘利隊の武勇は有名で、戦場で「甘利隊前へ!」とかけ声がかかっただけで、敵が退散したとの史実があるくらいです。(公式サイト)

家系図を見てみるとこのような系図であることがわかりました。

甘利明 家系図

この系図のトップにある「武田信義」を調べてみると、「武田信玄は遠い子孫にあたる」のだとか。

ということで、確かに武田信玄の末裔ではありますが、かなり遠い関係であることが伺えます。

父親も政治家

甘利明さんの父親は甘利正さん。

甘利正 甘利明 父親
(https://amari-akira.com/04_profile/about_akira.html)

1916年生まれで、現在の東京理科大学を卒業後、依知村(現厚木市)村長に当選し、その後衆議院議員まで務めた方です。

甘利明さんは慶應義塾大学を卒業後、ソニーに入社しましたが、2年後に退社し、父・正さんの秘書を務めました。

そしてソニー入社後の2年目、札幌営業所にいたときに、突然、転機がやってきた。

正氏からの「手伝ってくれないか」という電話に退職を決意。

秘書として父を支える道を選んだのだ。

(カナロコ)

そして父親が1983年に政界を引退したのを機に第37回衆議院議員総選挙旧神奈川3区で当選。

父・正さんは、1992年10月12日に亡くなっています。

母親は?

甘利明さんの母親の名前は甘利千代子さん。

甘利明 千代子 母親
(https://amari-akira.com/04_profile/about_akira.html)

長年政治家の夫・正さんを内助の功で支えていましたが、2012年10月7日に93歳で心不全のために亡くなっています。

甘利明の嫁・安錦子との馴れ初めや年齢、職業は?

甘利明さんの妻の名前は甘利安錦子(あきこ)さん。

甘利明さんが1983年の第37回衆議院議員総選挙で旧神奈川3区に出馬する際に、先輩議員から「選挙に出るなら、結婚していた方がいい」と言われた事で焦り、知り合いの女性である安錦子さんにプロ―ポーズし結婚したそうです

当時甘利明さんは33歳でした。

甘利明 1983年 初当選

 

 

 

 

安錦子さんの年齢や職業については公表されていませんでしたが、甘利明さんと同年代だと考えると、現在の年齢は70代前後ではないかと推測されます。

甘利明さんの母と同じく、政治家の妻として甘利明さんを支え続けてきたのでしょう。

甘利明の娘の名前や年齢、職業は?

甘利明さんの娘の名前は、長女が奈多子(なおこ)さん、次女が朱(あや)さんであることは、官邸のホームページで公開されていました。

長女は医者?

2012年12月15日に公表された論文「高齢者肺動脈弁狭窄症に対し経皮的肺動脈弁形成術を施行した1例」の著者名の中に「甘利奈多子」という名前があり、「東邦大医療センター大橋病院循環内科」と記載されていたことから、甘利明さんの長女の奈多子は医者ではないか?と言われています。

「甘利」という名字も「奈多子」という名前も珍しいですから、両方一致している「甘利奈多子」さんは甘利明さんの娘さんで間違いないでしょう。

さらに調べてみると、現在、東邦大学大橋病院に「山下奈多子」さんという方が産業医として活躍していることがわかりました。

甘利明 娘 長女 医者
(https://www.elixia.co.jp/experts/)

甘利明さんの長女の奈多子さんが結婚して「山下」姓となり、引き続き東邦大学大橋病院で勤務している可能性が高そう。

奈多子さんは、東邦大学医学部医学科を卒業していますから、そのまま母校で医者として活躍されているのですね。

甘利明さんは2019年に孫とご飯を食べている様子をツイートしてましたが、長女の奈多子のお子さんかもしれませんね。

次女は慶應義塾卒でグリー?

2015年5月11日に発表された「ベネッセ班 研究プロジェクト成果報告」というレポートの中に、甘利明さんの次女である「甘利朱」さんの名前が見つかりました。

産学共同研究プロジェクト成果報告 要旨

【21世紀スキルを育む小学生のサービスデザイン教材開発】

慶應義塾大学経済学部 武山政直研究会

荒井健太郎 矢部椋 足立尚史 甘利朱 塩月拓馬

(https://keg-lab.jp/post/118615099683)

慶應義塾大学経済学部教授の武山政直さんの研究室に所属していたようですね。

さらに、2018年4月12日にアップされていたIT企業「GREE」の新卒運動会レポートの2017年入社の幹事の中に「甘利」さんの名前が。

甘利明 娘 朱
(https://corp.gree.net/jp/ja/6degrees/2018/04/02.html)

フルネームは記載されていませんでしたが、2015年に慶應義塾大生だった「甘利朱」さんと、2017年にGREEに新卒入社した「甘利」さんが同一人物である可能性は高そう。

甘利明さんと笑顔の感じが似ていますね。

甘利明

グリー2017年新卒の「甘利」さんが甘利明さんの次女とは特定できませんが、もしそうだとすると、現在の年齢は1994年生まれの27歳ということになります。

甘利明さんがご結婚されたのが1983年ですから、1994年に次女が生まれた、というのは計算的にも問題ないですね。

甘利明さんは、娘さんにこんなことを言われたとツイートしていました。

娘さんにとって甘利明さんはかっこいいお父さんなのでしょう。

-家系図, 政治家, 妻・夫, 子供

Copyright© D-media , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.